アフィリエイトをはじめる薬剤師を応援します。

あまねブログ

アフィリエイト

「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」の違いについて解説。

アフィリエイトペンギン

「ペンギンアップデートって?」

 

 

SEOの話題になるとよく持ち出される「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」という言葉。

実はよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか?

 

「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」は自分の運営するサイトがGoogleのペナルティの対象とならないためにもよく理解しておく必要があります。

本記事では「ペンギンアップデート」と「パンダアップデート」の違いについて解説していきます。

 

 

「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」の違いについて解説。

ペンギンアップデート:悪質なSEO技術で強引に検索順位を上げようとするサイトを取り締まる。

パンダアップデート:質の低いコンテンツを作るサイトを取り締まる。

 

大まかにいうとこんな違いがあります。

どちらもユーザーにとって有益ではない記事をペナルティという形で検索上位から排除するためのアップデートです。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

 

ペンギンアップデートとは

ペンギン

 

2012年4月に行われた検索アルゴリズムのアップデートです。

いわゆるブラックハットSEOという手法を取り締まる目的で行われました。

詳しく解説していきます。

 

 

ペンギンアップデート以前のGoogle検索

ペンギンアップデート以前は検索エンジンを騙すような悪質なSEO技術で強引に検索結果の順位を上げることができました。

そのためユーザーにとって有益とはいえないサイトが数多く検索上位に並ぶという結果になってしまっていました。

とくにアフィリエイトを目的としたサイトが多く、Googleの検索結果の質を落とす原因になっていました。

 

 

ペンギンアップデートで行われたこと。

Googleの『品質に関するガイドライン』に違反するサイトを取り締まりました。

具体的には以下のSEO技術を禁止にしました。

 

・リンクプログラムへの参加

・クローキング

・不正なリダイレクト

・隠しテキストや隠しリンク

・リッチ スニペット マークアップの悪用

 

いわゆるブラックハットSEOと呼ばれる手法ですが、当然ユーザーにとっては不利益でしかありません。

そのため、このようなSEO技術で検索順位を上げようとするサイトはGoogleからペナルティを受けるようになりました。

 

真面目に記事を書いている皆さんには関係のない話ですが気になる人のため、それぞれ簡単に解説していきます。

 

 

リンクプログラムへの参加とは

自作自演の被リンクをたくさん作ることです。

最近はほとんど見かけませんが「ディレクトリサイト」と呼ばれるたくさんのサイトを集めてカテゴリで分類するようなサイトに登録することもこれに該当します。

 

また

・お金を払って意図的に他人に被リンクを貼ってもらう。

・自分で大量に作成した無料ブログで被リンクを貼る。

 

などもペナルティの対象になります。

 

 

クローキングとは

「検索エンジンのクローラー」と「ユーザー」にそれぞれ異なる内容の記事を見せることです。

クローラーにはSEOに有利なキーワードを詰め込んだサイトを読み込ませ、ユーザーには商品の購入を促すようなアフィリエイト記事を見せるという手法が行われていた時期がありました。

 

 

不正なリダイレクトとは

「Googleなどのクローラー」と「ユーザー」それぞれ別のページを表示させることです。

クローキングと似たような手法の一つです。

 

 

隠しテキストや隠しリンクとは

文字の大きさを0にしたり、文字の色を記事の背景と同じ色にするなどしてテキストやリンクをユーザーから見えなくすることです。

ユーザーからは見えませんがクローラーは認識することができるので悪質なSEO技術といわれています。

 

 

リッチ スニペット マークアップの悪用とは

リッチスニペットはキーワード検索で出てくるページタイトルの下に表示される部分のことです。

記事の内容と全く異なる文字列を入れることもペナルティに該当します。

(わかりやすいようにスクショを用意しようと思ったのですが最近では完全に淘汰されたようで見つかりませんでした。)

 

 

パンダアップデートとは

パンダ

 

2011年2月に行われた検索アルゴリズムのアップデートです。

質の低いコンテンツやコピーコンテンツの検索順位を下げるために行われました。

詳しく解説していきます。

 

 

パンダアップデート以前のGoogle検索

パンダアップデート以前はソフトで自動生成されたコンテンツやコピーコンテンツでも検索上位に表示されることがありました。

なぜなら記事の中にユーザーが検索したキーワードが入っていれば、それがどんなに質の低いコンテンツだとしてもユーザーが求めるものと認識されてしまっていたからです。

そのためユーザーは求める情報を見つめるまで多くの時間がかかるという結果になっていました。

 

 

パンダアップデートで行われたこと。

質の低いコンテンツの検索順位を下げました。

具体的には以下のようなサイトは検索順位を落とす結果になりました。

 

・自動生成されたコンテンツ

・コピーコンテンツ

・内容の薄いアフィリエイトサイト

 

しっかりと自分で考えて記事を書いていれば関係のないことですが、一応解説していきます。

 

 

自動生成されたコンテンツとは

昔は自動で文章を作成するようなソフトを利用して作成されるような記事が数多く見られました。このようなソフトで作成された記事はとくに意味を持たないキーワードだけを盛り込んだような文章でした。

当然ペナルティの対象となりこのような記事は検索結果から姿を消しました。

 

 

コピーコンテンツとは

他人が作成した記事をコピペしたような記事のことです。

検索結果に同じような記事が増えてしまうことをGoogleは嫌うためペナルティの対象になりました。

 

 

内容の薄いアフィリエイトサイトとは

口コミと商品ページのみを貼り付けたようなアフィリエイトサイトはユーザーにとって有益ではないとされ、ペナルティの対象となりました。

 

 

まとめ:真面目に記事を書いていれば関係ない。

「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」それぞれの目的について解説していきましたがどちらも真面目に記事を書いていれば関係ない事ということがわかっていただけたと思います。

最近がGoogleの検索アルゴリズムがかなり進化を遂げているので悪質な方法で検索順位を上げようとしてもすぐにペナルティーを食らってしまいます。

しかし、それはとてもいいことなのです。

なぜなら私たちは良い記事を書くことに専念できるからです。

ブラックハットSEOという技術を勉強する必要はなくなりました。

 

今回の記事は以上です。

私たちはより良い記事をユーザーに提供することだけに専念していきましょう。

 

あなたにおすすめな記事

【副業】薬剤師がアフィリエイトを始めるべき理由。

-アフィリエイト

Copyright© あまねブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.