アフィリエイトをはじめる薬剤師を応援します。

あまねブログ

アフィリエイト

アフィリエイト初心者が覚えておくべきSEOの知識。

薬剤師のためのアフィリエイト完全講義【5講目】です。

 

アフィリエイター「SEOって難しい。」

「とりあえず知らなきゃいけないことだけ教えて」

 

SEOは奥が深いです。

 

全て理解してからサイトやブログの運営を始めようなんて考えていたら

いつになっても始めることができません。

 

そのため、本記事ではアフィリエイト初心者が覚えておくべき知識に絞って解説していきます。

 

 

アフィリエイト初心者が覚えておくべきSEOの知識。

アフィリエイト初心者が覚えておくべきSEOの知識。

 

育毛剤やED治療薬など上級者のアフィリエイターがしのぎを削っているキーワードで戦うとなるとかなり高度なSEOの知識が必要となってきます。

しかし比較的マイナーな商品でしたら、そこまで高度なSEOの知識は必要ありません。

 

「最低限これだけ理解しておけばニッチなキーワードで検索上位を目指せますよ。」

というSEOの知識を6つ紹介します。

 

 

1つ目:文字数

まずは一番簡単なところから。

最近だと「文字数は検索結果に影響がない。」なんて言われることが多くなりましたたがそんなことはありません。

 

ある程度ドメインパワーの強いサイトやブログでしたら少ない文字数でも検索上位に入るかもしれません。

しかし立ち上げたばかりのサイトやブログの場合はある程度、文字数を稼がなければそもそも検索結果に表示されることもないでしょう。

 

 

必要な文字数。

理想は5000文字と言われています。

ただし文字数にこだわるばかりで内容の薄い記事になっては元も子もありません。

記事の内容あっての文字数です。

どうしても厳しいようであれば5000文字より少なくても問題ありません。

 

 

全ての記事を5000文字以上にする必要はない。

検索エンジンからの流入を狙いたい記事だけで大丈夫です。

私のブログの場合、検索エンジンから流入させたい記事は下の記事です。

 

【副業】薬剤師がアフィリエイトを始めるべき理由。

 

「薬剤師 アフィリエイト」というキーワードによる流入を狙っています。

この記事はしっかり5000文字以上書いています。

おかげさまで「薬剤師 アフィリエイト」で安定して1ページ目に表示されるようになりました。

 

参考:少なくとも1000文字は書きましょう。

検索エンジンからの流入を目的としない記事でも1000文字は書くようにしましょう。

あまりに文字数の少ない記事を量産するとGoogleから価値のないコンテンツを量産していると判断されサイトやブログの評価を落とされる可能性があります。

1000文字も書く必要のない記事はそもそも書かないようにしましょう。

 

 

2つ目:キーワード出現率

検索エンジンは検索したキーワードの出現率が多い記事を優先的に表示させようとします。

最近はGoogleアルゴリズムのアップデートで一概には言えませんがそれでも検索エンジンの仕組み上、無視できない要因の一つです。

記事内には検索エンジンで流入させたいキーワードをできるだけ多く含めることがSEO的に有利といえます。

 

 

理想的なキーワード出現率は?

5%と言われています。

しかし不自然な文章にならないことの方が重要です。

やってみると分かりますが5%って結構きついです。

あまり無理にキーワードを詰め込むとGoogleにスパムとして扱われる可能性があるので注意しましょう。

 

 

スパムと扱われないようにするには?

自然と狙いたいキーワードがたくさん盛り込めるような記事の構成にするといいでしょう。

 

そのためには

 

・キーワードに関係のない文章は書かない。

・不必要な経験談は省く。

 

などの必要があります。

 

経験談は商品の良さを伝えるために場合によっては必要かもしれません。

しかし一度落ち着いて考えましょう。

その経験談は本当に読者にとって必要なものでしょうか?

意外とそうではない場合が多いです。

 

記事には自分の書きたいことではなく、読者が必要な情報を書くようにしましょう。

これを意識するとキーワード出現率は自然と上がってきます。

 

 

3つ目:ページタイトル

ページタイトルはSEO的に最も重要なテキストです。

狙いたいキーワードをしっかりと入れるようにしましょう。

キーワードをしっかり入れつつ、読者が検索結果からクリックしたくなるタイトルをつけるように努力しましょう。

 

 

4つ目:見出し

記事には適切な量の見出しを設置しましょう。

見出しの作り方は下の記事で解説しています。

 

薬剤師のためのWordPress(ワードプレス)ブログの書き方。

 

 

順序よく見出しを設置しましょう。

・良い例

h1<タイトル>
h2<大見出し>
h3<中見出し>
h4<小見出し>
h5<極小見出し>
h6<極々小見出し>

このようにh1〜h6までを順序よく満遍なく設置しましょう。

 

・悪い例

h1<タイトル>
h2<大見出し>
h4<小見出し>
h6<極々小見出し>

このようにH3、H5が抜けているなどはSEO的に良いとは言えません。

 

 

見出しは簡潔に。

あまりに長すぎる見出しはSEO的によくはないようです。

狙いたいキーワードを適度に含め、簡潔な見出しを設定しましょう。

 

 

見出しだけで内容がわかるように。

読者は初めからじっくりと記事を読んでくれるわけではありません。

ページをさっとスクロールして終わりということがほとんどでしょう。

そのため見出しだけでも記事の内容を理解できるように心がけましょう。

見出しで引きつけることができて初めて読者は記事を読んでくれると考えましょう。

 

 

5つ目:ページ速度

薬剤師のためのWordPress(ワードプレス)ブログの始め方。

 

この記事を参考にしてブログを作成してくれた人は悩む必要はありません。

しかし無料ブログなどで記事を作成した人はページの読み込み速度にも気にかけましょう。

 

あまり読み込みが遅い記事はSEO的に評価されない傾向にあります。

「ページスピードインサイト」というサイトでページ速度をチェックできるので試してみましょう。

70点を超えていれば問題ありません。

 

 

6つ目:メタディスクリプション

メタディスクリプションの設定方法については下の記事で解説しています。

 

薬剤師のためのWordPress(ワードプレス)ブログの書き方。

 

検索エンジンから読者を引きつけるためだけではなく、SEO的にも重要なテキストのため狙いたいキーワードをしっかり含めましょう。

キーワードを適切に含めることでSEO的に有利に働きます。

 

 

まとめ:まずはこれだけで十分。

「あれ?意外と簡単じゃん。」

と感じた人が多いことでしょう。

 

その通り。

SEO技術と聞くと難しく感じるかもしれません。

しかしタイトル、見出し、本文、メタディスクリプションにキーワードをゴリゴリ入れていくだけです。

 

競合の少ないニッチなキーワードならこれだけで十分戦えます。

あとは記事を量産して読者が記事に流入してくるチャンスを増やすだけです。

 

でも、その継続こそが一番大変なところです。

アフィリエイトを始めようと行動できる人が1%いたとします。

その中で継続して記事を量産できる人はさらに1%に絞られるでしょう。

結果として0.01%、つまり1万人に1人しか継続できる人はいないということになります。

もしあなたがその内の1人になれば、きっといつかはチャンスが舞い降りてくることでしょう。

 

今回の記事は以上です。

ニッチなキーワードで戦うためのSEO知識は身につきました。

次はニッチなキーワードを探すためのキーワード選定について解説していきます。

キーワード選定の手順について解説。

 

 

-アフィリエイト

Copyright© あまねブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.